出雲石巡礼

 天平5年(773年)に完成した『出雲國風土記』には、石神の記述が多く存在します。         出雲地方には、信仰の原点とも云える聖なる石(石神・磐座)が数多く点在し、今でも地元の人達によって大切に守られています。                                    平成25年(2013年)10月、伊勢と出雲の御遷宮が重なった年、ご縁をいただき出雲大社のお膝元へ移住しました。これまで、島根には何度か訪れてはいましたが、想像以上に多くの聖なる石が存在することに驚いています。                                          ここでは、出雲地方の存在する石神・磐座・巨石などをご紹介します。