■□■□■□    フォトダマ通信 Vol.55「大江山〜日室ヶ嶽・岩神さん」の巻      ■□■□■□

┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏

2006.3.3 記

「この大江町の日室ヶ嶽(ひむろがたけ)は、今でも尊崇されている神体山です。日本のピラミッドと
言われ美しい円錐形の山なんです。」
M氏の言葉から、日室ヶ嶽が特異な場所性を持っているという印象を受けた。さらに、「私は山歩きが
好きで、これまで何度か日室ヶ嶽に登りました。この山は時頃を選ばないとかなり危険な山で、夏には
蝮や熊が出ます。登山道は無く、道無き藪道のため案内人無くして登ることは難しいですね。これまで、
私は何人かの人を山に案内したことがあります。先日も、磐座を研究しているある大学の方を案内しま
した。ある時は、見るからに霊能者風な方と信者の一行を案内したこともあります。この山は大本の開
祖が、啓示を受けた場所でもあり、今でも多くの宗教団体の人々がお参りに来ています。また、UFO
を研究する人達が言うには、この付近には多くのUFO目撃情報があるらしいのです。私は、見たこと
はありませんが。」と言った。

私は、日本石巡礼をしていることを告げ、月刊「石材」に連載した小冊子「日本石巡礼」を差し上げた。
「カメラマンの方ですか。」と言って、しばらく冊子を捲っていた。
「日室ヶ嶽の山中に磐座はありますか。」と私が尋ねると、M氏は「あります。」言った。小冊子の中
に載っている奄美の実久三次郎(源氏の末裔)が投げたといわれる石を指差し、「丁度この石に似てい
る巨岩が山頂にあります。その石の周りには、まるで人工的に配置したような環状列石もあるんです。
その周辺には陰陽石もありましたね。」

M氏のお話では、この山は禁足地ではあるが、登山はできると言う。そして、日室ヶ嶽は別名を日浦ヶ
嶽ともいい「ヒウラ」とは「ヒナタ」対する語で、日のあたる高地の意味で太陽信仰をしのばせる山ら
しい。実際、日室ヶ嶽逢拝所から夏至の日に、日室ヶ嶽山頂に太陽が沈むところの写真を見せてもらっ
た。また、近くの元伊勢皇大神社(内宮)はもとはこの山頂にあったとか、頂上に倭姫命の住居の跡が
あったとかいった伝承もあると言う。しかし、M氏の言葉尻からどこか磐座の写真は撮って欲しくない、
紹介して欲しくないといったニュアンスも感じられた。M氏にとって日室ヶ嶽は、奈良の三輪山と同じ
ようなご神体として意識していたからだろう。

2月28日の朝、私は石情報を求め福知山市役所を訪ねた。その時、役場の職員はある方を紹介してく
れた。「かつて学校の先生をしていたMさんは、この辺りの歴史に詳しい方です。きっと石の事も分か
るかと思いますよ。」と言って、大江町にあるM氏の職場を教えてくれた。
福知山から国道175号線を宮津方面にフォトダマ号を走らせると、見覚えのある風景が待っていた。昨
年の秋、大本の方に元伊勢内宮を案内してもらった時の記憶が蘇っていたのだ。

しばらくすると、元伊勢皇大神社の看板が見えてきた。最初に元伊勢皇大神社外宮を参拝し、それから
元伊勢皇大神社内宮近くの天岩戸神社に向った。急な石段を降りて行くと、渓谷には豊な水が湛え、苔
むす巌肌が現れる。何とも神々しい光景だ。天岩戸神社は、岩場の斜面に建てられている。鎖場を上り
、本殿前で参拝をしていると背後から物凄い爆音が響いていた。崖を這上って本殿裏を覗くと、渓谷の
川を塞ぎ止めている樽状の巨岩、その奥に滝が見える。巨岩は、二つの世界を隔てていた。巨岩の上の
世界は、激しい滝と爆音、下の世界は池のような静寂さである。この巨岩が、天岩戸神社のご神体だと
思った。その後、元伊勢皇大神社(内宮)近くで日室ヶ嶽を遥拝し、大江町にあるM氏の職場を訪ねた。

日室ヶ嶽の話を終えると、M氏は地図を出し幾つかの石情報を教えてくれた。「これから行くのなら、
岩神さんに行ったらいい。毛原集落の上に大岩神社と呼ばれる神社があって、そこからさらに上がった
山中にあります。その道は平安時代の頃からの古道なんです。岩神さんは、不思議な石です。」そう言
って、行き方を教えてくれた。
M氏にお礼を言い、さっそく毛原集落に向った。二瀬川渓流を下った所に、毛原集落はあった。山間
の斜面に、みごとな棚田が見える。集落の最も高い場所に車で上り、広くなっている道に車を停める。
岩神さんを探そうと思い、機材を担いだその時、一台の軽トラが近付いて来た。車には老人男性が一
人乗っていた。私は車に近付いて、老人に声を掛け岩神さんの場所を尋ねた。すると「岩神さんに行
きたいのなら、わしが案内してやろう。」そう言って車を停め、山を一緒にに歩きはじめた。細い山
道は坂が急で、雪もかなり積もっていたが何とか歩くことはできる。途中、老人は何回か立ち止まっ
ては深呼吸をしていた。80歳位と思しき老人に、案内してもらうのに申し訳ないと思いながら後を着
いて行く。15分ほど歩くと、雪で倒れた杉の木が道を塞いでいた。杉の木が、まるで鳥居のようだ。
そこを潜ると、杉の大木に寄り添うように岩神さんの姿が現れた。

巨木に寄り添うように佇む岩神さんの前には、白い鳥居がある。中を覗くと、一瞬ぎょっとするような
異形な相を発っしていた。老人は岩神さんの前にすっと近付くと柏手を四回打ち鳴し、それから岩神さ
んのことを話はじめた。
「昔から旱魃の時、この岩神さんの前で雨乞いの祭りをしていたんじゃ。最近はお参りする人も減り、
私も来るのは久しぶりじゃよ。この岩神さんのことは、地元では岩姫さんとも呼んでてなぁ。また、こ
の岩の隙間に白蛇がでるのを何人もの人が見ています。それも必ず白蛇の胴体だけがたれているそうじ
ゃ。わしは見たことはないがね。この近くには、他に二つの石があってなぁ、片方には白蛇の頭が、も
う片方は白蛇の尻尾がでるそうじゃ。この岩神さんは、白蛇の胴体だからええよ。」
しばらく、沈黙した後「この道は古くから宮津に抜ける道でなぁ。昔の人は、よく夜這いの時に通った
そうじゃよ。」と笑いながら話す。この老人も、かつて夜這いをしたことがあるのかと尋ねると、笑い
ながら昔の人の話だと言う。
「では、ゆっくりしていって下さい。」と言って老人は去っていった。
私は一人薄暗い杜に残された。気を取り直し、岩神さんの撮影を始める。岩と対峙していると、逆に岩
に見られているような錯覚に陥り、恐れと畏れが入り交じっていた。
「なぜ、石を巡っているのか。」の問いが、頭の中を駆け巡っていた…。

                          但馬から因幡、伯耆へ。
                          雪が舞う皆生温泉にて、桃の節句に
                                    すだぐんじ拝

※日室ヶ嶽と岩神さんの写真を、こちらで見て頂けます。
http://ch.kitaguni.tv/u/1871/0000328792.html

●石巡礼・いしのかたりべの軌跡
2/25…滋賀 水尾神社の陰陽石、白髭神社の磐座を巡る。
2/26…京都 京大会館で「葫蘆乃會(ころのかい)」の第十七回例会で「いしのかたりべ」をさせて頂く。
加藤清先生を始め臨床心理士の方々の前でのスライド&ムビラ演奏は心地よい緊張。途中、ディジュリド
ゥー奏者西崎さんの演奏とセッション。葫蘆乃會の東さん、山本夫妻、青木さん達にお世話頂く。
2/27…亀岡 出雲大神宮の聖水を頂き、義経の腰掛け石、稗田神社の「石の環くぐり」を巡る。
2/28…福知山(大江町) 元伊勢外宮を参拝し、天岩戸神社の神体石、日室ヶ嶽を遥拝、岩神(岩姫)さん
、内宮港石、二俣港石を巡る。
3/1…但馬 雨の中、淀の洞門、蛙島を巡る。
3/2…鳥取 宇部神社(因幡一ノ宮)の双履石、アマンジャク岩を巡る。
3/3…鳥取 倭文(ひとり)神社(伯耆一ノ宮)の安産岩、宮戸弁天の岩を巡る。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◎「VOICE OF STONE 聖なる石に出会う旅」(新紀元社)をお求め
の方へ。

◇本の内容は、友人の音楽家奥村氏のHPで紹介していただいておりますので、参考に
して下さい。
http://www.members.aol.com/nobfile/voiceof/pages/aindex.html

◇本の購入方法は、直接、須田(Ohenro_the_Stone2005@t.vodafone.ne.jp)まで連絡
をいただくか、下記の場所へお問い合わせ下さい。
本の代金は1890円(税込)です。
発送の場合は、別途送料340円(一冊の場合)が発生します。
◆SPACE・侑(群馬・館林市)…日本石巡礼をスタートしてまもない頃、展覧会を
させて頂いたギャラリーです。電話/FAX:0276-75-3953
SPACE-U HP:  http://www1.ocn.ne.jp/~space_u/ 
      E-mail : space-u@axel.ocn.ne.jp

◇NPO法人東京自由大学(東京・神田)…探求と創造と体験を目的とした様々な講座や
ワークを開催しているフリースクールです。
電話/FAX:03-3253-9870
東京自由大学HP:http://homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

◆あるでばらん(岡山・笠岡市)…石好きオーナーの薬効手染め(シルク)のお店です。
電話:0865-65-0896 FAX:0865-65-1460 ご予約はFAX希望。
あるでばらんHP: http://www.aldebaran-well.com/

★コタン(岡山市奉還町)…岡山駅西口近くにある、THE MARKET内のオーガニックの
八百屋さん。電話:086-255-1100

◇あなんど(徳島・日和佐町)…薬王寺の向かいにあるカレー&チャイ屋・アジアン雑
貨のお店です。電話/FAX:0884-77-2266

◆ちろりん村栗林店(香川・高松市)…自然食品のお店です。電話:0878-37-2976

◇ヒーリングストーンAlice&Anne(愛媛・今治市)…今治駅の近くにあるパワーストー
ンのお店です。電話:0898-31-0579
─────────────────────────────

« 前号次号 »