■□■□ フォトダマ通信 Vol.49「ドクター・オーシャン〜医師の声を聴け」の巻 ■□■□

┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏

2005.12.19 記

12月16日の夕方、5度目の歯の治療をすべく千葉にある歯科医院に向かっていた。
京成電鉄の踏切を越え、細い歩道を少し歩くと医院が見えて来た。その歯科医院は、かつて
北原白秋が住んでいた場所の近くにあった。
今回の治療で、被せものをすればひとまず旅にでることができる。そう思いながら待合い室
で慣れない携帯電話を操作していた。数日前、丸二年になろうとする携帯電話は液晶が壊れ、
新しい機種に変えていた。操作ボタンの位置が変わってしまい、なかなかスムーズに文章を
書けないでいた。

塩竃神社(宮城)からのメルマガ配信後、千葉の友人あびねこさんから、さっそく知り合い
の歯科医院を紹介してもらった。その歯医者さんは、イングリッシュネームでオーシャン先
生と言った。彼は、仕事の合間に世界中をバックパックで旅をされ、趣味でジャズバンドを
組みサックスを吹きながら、老人ホームなどを慰問しているユニークな先生だと言う。

初めて治療に伺うと、話好きらしく色々と海外の話をしてくれる。石を巡っていることを友
人から聞いているらしく、興味深く質問もされた。二回目の治療を受けた後、以前ヨミウリ
ウィークリーで連載していた記事コピーを差し上げると、後日、「従業員皆で見せてもらっ
たよ」とおっしゃってくれた。

オーシャン先生の話を聞いていると、色々な引きだしを持っておられる方のようだった。
患者は様々な年齢層だが、その都度いろんな話で対応されているように見えた。ただ口の中
を治療しながら質問をされると、返事がしにくいことがしばしばあった。
最後の治療中、オーシャン先生は「旅で印象に残るのは、順調にいっている時よりも何かト
ラブルにあった時の方が思い出深いね。」と言った。
同感だと思った。自分自身、この石巡礼の旅で車の故障をはじめ様々なハプニングはとても
印象的だ。それと同時に、その事はある種何かのメッセージだとも思う。

歯の治療は終わろうとしていた。先生は、「これからどっちへ向かうの?」の聞いた。「関
西方面に向かいます」と答えると「どうして石を巡っているの?」と聞く。「石が媒体とし
て、様々な人や場所と出会わしてくれ、そのことに魅力を感じているからだと思います。」
と答えると、オーシャン先生は「やっばり、人間が面白いね。今度、東に来た時、石の旅の
話をゆっくり聞かせて。」と言ってくれた。

治療を終え、お礼を言って治療代の支払いを済ました時、オーシャン先生は封筒を渡しなが
ら「ビールでも飲んで!」と言って治療室へ戻って行った。とっさのことに、驚きつつお礼
の言葉を返していた。
歯科医院を出ると、しばらくポカーンとしながら歩いていると、道を間違えてしまった。封
筒の中には、紙幣が一枚入っていた。治療してもらった先生から石巡礼にカンパをいただく
とは…。優しいエナジーに包まれながら何て幸せ者かと思いながら空を仰ぐと、晃々と輝や
く満月は、まるで微笑んでくれているように見えた。

お世話になっていた、あびねこ邸で年内の最後の晩餐をご馳走になりながら、その事を報告
するととても喜んでくれた。それにしても、あびねこご夫妻には、随分と翼を休ませていた
だくことが出来た。
帰りがけ、眼科医である奥様から、ある包みを頂いた。その中には、応急用の幾つかの薬が
入っていて、紙には処方の仕方と「まずは連絡を!治らなければ、すぐ病院へ!!」の文が
綴られていた。旅の途中で何かあったらと、持たせてくれたのだ。
「医師の声も聞いてね!」
あびねこさんの優しい言葉を大切にしながら、千葉を離れ西へ向かった。

                   56年ぶりの大雪の名古屋にて
                                 すだぐんじ拝

●フォトダマ通信後記

この度のパソコン依頼の件では、さっそく何人かの方々からオファーをいただくことができま
した。心よりお礼申し上げます!

※フォトダマ通信後記におきまして、これまで個人名のお礼文を書いていましたが、今後書か
ないことにさせていただきます。どうぞ、ご了承下さい。
ここしばらくの間にお逢いできた方々に、心より感謝申し上げます!

◎「VOICE OF STONE 聖なる石に出会う旅」(新紀元社)をお求めの方へ。

◇本の内容は、友人の音楽家奥村氏のHPで紹介していただいておりますので、参考に
して下さい。
http://www.members.aol.com/nobfile/voiceof/pages/aindex.html

◇本の購入方法は、直接、須田まで連絡
をいただくか、下記の場所へお問い合わせ下さい。
本の代金は1890円(税込)です。
発送の場合は、別途送料340円(一冊の場合)が発生します。
◆SPACE・侑(群馬・館林市)…日本石巡礼をスタートしてまもない頃、展覧会を
させて頂いたギャラリーです。電話/FAX:0276-75-3953
SPACE-U HP:  http://www1.ocn.ne.jp/~space_u/ 

◇NPO法人東京自由大学(東京・神田)…探求と創造と体験を目的とした様々な講座や
ワークを開催しているフリースクールです。
電話/FAX:03-3253-9870
東京自由大学HP:http://homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

◆あるでばらん(岡山・笠岡市)…石好きオーナーの薬効手染め(シルク)のお店です。
電話:0865-65-0896 FAX:0865-65-1460 ご予約はFAX希望。
あるでばらんHP: http://www.aldebaran-well.com/

◇あなんど(徳島・日和佐町)…薬王寺の向かいにあるカレー&チャイ屋・アジアン雑
貨のお店です。電話/FAX:0884-77-2266

◆ちろりん村栗林店(香川・高松市)…自然食品のお店です。電話:0878-37-2976

◇ヒーリングストーンAlice&Anne(愛媛・今治市)…今治駅の近くにあるパワーストー
ンのお店です。電話:0898-31-0579
─────────────────────────────

« 前号次号 »