■□■□    フォトダマ通信 Vol.48「日本石巡礼も残り一年」の巻    ■□■□

┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏

2005.11.30 記

ここしばらく、関東滞在から急遽北上して福島の石を訪ねていた。
会津周辺では舟石、夜泣石、三石神社の岩、塔のへつり、郡山周辺では、鎌倉岳、岩
角山、高屋敷稲荷神社の御神石、羽山神社の磐座などを巡った。
なかでも、岩角山の巨石群は圧巻で、多くの巨石群にはそれぞれ仏像が彫り込まれて
いて、かつての山岳信仰の霊場を偲ばせるものがあった。この季節、福島の山々は紅
葉に彩られ、見ているだけで心を和ませてくれた。また、多くの温泉郷が点在し三日
に一度は温泉でリフレッシュできた。

ただ、今回、福島の石を巡りながら撮影に集中できないでいる自分がいた。頭の中で
は、今後の石巡礼をどう展開してゆくか?次の拠点をどうするか?などと、己への問
いを発生させながらの旅だった。
想えば、日本石巡礼に出立して丸二年が経過する。この間を振り返ると、長かったよ
うでもあり、あっという間の出来事だったような気もする。ただ、東走西走の移動も
多く、何とも効率の悪い旅をしているのかと思うこともしばしばだ。何時しか、当初
の旅の計画からは程遠く、行き当たりばったりの旅のスタイルになっていた。

「石の上にも三年」の語呂合わせからヒントを得た、三年間の日本石巡礼も残すとこ
ろ一年あまりとなり、より時間を意識せざるを得ない。そして、一つの区切りを付け
るためにも、残り一年間の旅がとても重要に思える。今後、直感をたよりに苦手な行
動計画を綿密に立てなくてはと思うのだが、どうなることやら…。

しかし、その前に重大な事態が発生してしまった。一週間ほど前、餅を食べている時、
右上の奥歯の被せ物が取れてしまったのだ。水を飲んでも、歯は凍みて、右歯で噛む
のも辛い。まずは、どこかで歯の治療をしなくては…。

                              東北石巡礼の途上、鹽竃(しおがま)神社にて
             
                                        すだぐんじ 拝

●フォトダマ通信後記

☆11/3 京都・宇治市で加藤清先生を交えて、葫蘆乃會(ころのかい)の山本夫妻、
青木さん、東さん達と来年二月予定「いしのかたりべin京都」の打ち合わせを山本
邸で行なう。その後、宴会で盛り上がるも寝不足で途中、ダウンする。
翌朝、山本さんから「ぐんちゃん、幸せそうな顔して眠っていたよ…」と。山本夫
妻には、お接待宿のご提供をいただきありがとうございました。

☆11/4 徳島・日和佐町のアナンドの福田さんの紹介で明日香の岡本寺を訪ねる。
柏井さまには岡寺の立石を案内して頂いた上、岡本寺の喜利供に泊めて頂きまして
お礼申し上げます。後日、秋の大祭「健脚祈願法要」のお護摩に参列させていただく。

☆11/13 千葉のあびねこさん達と香取神宮、息栖神社をお参りする。その後、鹿島
神宮でイワクラ学会関係者の方々と合流する。回帰洞の矢作(やはぎ)様に、鹿島
神宮内の要石、鏡石などのご案内をいただく。また、筑波山のお話を承りまして感
謝申し上げます。その夜、あびねこ邸で砂落し(直会)。

☆11/14 鎌倉に転居した裕美ちゃんと再会し、祝宴に感謝!後日、理恵さんがNH
Kラジオ深夜便でインドからレポートをしていることを教えてもらい、拝聴。

☆11/15 鎌倉の東慶寺にてチベットつながりの酒井さまの仏式結婚式に参列し、鎌
倉パークホテルの披露宴に参加させていただく。酒井さま、ご結婚おめでとうござい
ます!その後、東京自由大学の方々とギャラリー八坂の西松凌波さんの個展を拝見する。

☆11/18 「日本のピラミッド」のホームページの中で写真を紹介して下さっている
泰山さんと約二年ぶりにお会いする。今後の展開のヒントをいただけたことに感謝申
し上げます。

☆11/19〜20 友人の写真家・五井毅彦氏の横浜市の新居を訪ねる。
三歳になる佑ちゃんと初めてのご対面。翌日、家族の方々と共に瀬上池近くの岩穴を
案内してもらう。五井夫妻に、お礼申し上げます。

☆11/26 郡山の友人、一條さんと13年ぶりに再会し、船引町の里山喫茶「きらら」を
訪ねる。ソーラー発電の照明の元、晩餐を頂きながら祝宴。オーナーの武藤さんは199
1年の六ヶ所村での「ひょうたん祭り」にも参加していて話が盛り上がる。一條さん、
武藤さま、楽しい一時をありがとうございました。そして、お世話になりました。

◎「VOICE OF STONE 聖なる石に出会う旅」(新紀元社)をお求めの方へ。

◇本の内容は、友人の音楽家奥村氏のHPで紹介していただいておりますので、参考に
して下さい。
http://www.members.aol.com/nobfile/voiceof/pages/aindex.html

◇本の購入方法は、直接、須田まで連絡
をいただくか、下記の場所へお問い合わせ下さい。
本の代金は1890円(税込)です。
発送の場合は、別途送料340円(一冊の場合)が発生致します。

◆SPACE・侑(群馬・館林市)…日本石巡礼をスタートしてまもない頃、展覧会を
させて頂いたギャラリーです。電話/FAX:0276-75-3953
SPACE-U HP:  http://www1.ocn.ne.jp/~space_u/ 

◇NPO法人東京自由大学(東京・神田)…探求と創造と体験を目的とした様々な講座や
ワークを開催しているフリースクールです。
電話/FAX:03-3253-9870
東京自由大学HP:http://homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

◆あるでばらん(岡山・笠岡市)…石好きオーナーの薬効手染め(シルク)のお店です。
電話:086-65-0896 FAX:086-65-1460 ご予約はFAX希望。
あるでばらんHP: http://www.aldebaran-well.com/

◇あなんど(徳島・日和佐町)…薬王寺の向かいにあるカレー&チャイ屋・アジアン雑
貨のお店です。電話/FAX:0884-77-2266

◆ちろりん村栗林店(香川・高松市)…自然食品のお店です。電話:0878-37-2976

◇ヒーリングストーンAlice&Anne(愛媛・今治市)…今治駅の近くにあるパワーストー
ンのお店です。電話:0898-31-0579




□
─────────────────────────────

« 前号次号 »