■□ フォトダマ通信 Vol.40「イワクラサミットin宮崎〜左足の呪?」の巻  ■□

┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏

2005.07.24記

7月15日朝8時、フォトダマ号のドアを叩く音で目を覚ました。眠気眼を擦り
ながら外にでると「タイヤがパンクしていますよ!」と高橋君は言った。
眠気は一気に吹き飛び、車を振り返ると磨り減ったタイヤに砂利がささり、潰
れていた。しばし、呆然としながら左リヤを見つめていた…。

イワクラサミット開催の前々日、トークショーで使う写真をデジタルに変換する
作業をしていた。ちょうどイワクラ学会事務局の高橋政和君も先立って、奈良か
ら宮崎に入り、彼にパワーポイントでの編集を手伝ってもらった。
初めてのポジ写真からのデジタル化は、どこかわくわくする。
写真のセレクトを終えると、日本と海外の石の写真点数は約130点にもなり、取
り込み作業も随分時間を必要とした。

はじめ、NPO法人宮崎文化本舗の谷口さんの計らいで、環境情報センターのパソ
コンを借りての作業をしていたがなかなか終わらない。夕食後、宮崎文化本舗さ
んの管理する一室をお借りし作業を続けることにした。深夜零時を過ぎると、
お互いかなりハイ状態になっていた。その時、ふと携帯電話が無いことに気づい
た。もしかしたら、夕食に出掛けたガストに置き忘れたのではないかと思い、急
いでガストに向かうと店は閉店していた。しかたなく、ボーダフォンに配線停止
を依頼し、作業を続けた。携帯電話の心配と睡魔のおとずれの中、ようやく一通
りの取り込みと編集作業を終えた。午前4時すぎ高橋君は部屋で、私はフォトダ
マ号の中で眠りに就いた。

そんな朝方のパンクだった。新星フォトダマ号にとっては、初めてのパンクだった。
幸い宮崎文化本舗の石田さんがおられて、知り合いの方からジャッキを借り、何
とかスペアタイヤに交換することができた。そして、ガストに電話をかけると携帯
電話も忘れ物として預かっているとのことで、本当に助かった。

イワクラサミット当日、午前中に写真を搬入し大ホール入り口の壁に展示し、その
後、イワクラサミットin宮崎はスタートした。基調講演の後、鈴木旭氏とのトーク
ショーも無事に終え、西都温泉での交流会では、多くの方々と出会うことができた。
二日目の朝、何人かのギャラリーのもと81号古墳前で高松からきたビーテン氏の
ジャンベとムビラで奉納演奏をする。しかし、すぐに雨が降ってきた。その後、6
人の研究発表を拝聴し二日目のサミットは終了した。

その夜、喫茶「いにしえの風」で地元の方々から手料理を振る舞われ、西都市の銀
鏡神楽の奉納を拝見できた事は、実に感慨深かった。日本石巡礼をスタートしてま
もない頃、本場の西都市の銀鏡神楽にでかけた。それは祭り最終日の「ししば祭り」
を見たかったからだ。「おたどころの石」との出会いは、石巡礼の原点とも言える。

サミットの最終日の現地調査は、父が宮崎に入るため辞退した。朝、バスに乗る皆さ
んを見送りに西都温泉の駐車場に行くと、鈴木旭さん達が高橋君の車のそばで集まっ
ていた。何と、高橋君の車がパンクしていて、スペアタイヤに交換していたと言うの
だ。しかも、不思議にもフォトダマ号と同じ左リヤだった。

後日、父との九州の旅を終え、宮崎文化本舗の谷口さんを訪ねると「どうも、左みた
いですね!」と言う。彼女が言うに、イワクラ学会の会員のAさんが、サミットに向
かう空港で転び、左足から血がでる怪我をされていたというのだ。
左足の怪我、左リアタイヤのパンクは何かの警告か…それとも、呪か?
それにしても、高橋君も、走行中のパンクでなくて本当に良かったと思った。
父が宮崎に入る直前、フォトダマ号のリアタイヤを二本、新品に交換し、ジャッキを
購入したことは言うまでもない。

その後、十六夜の青島でムビラを奉納し、鵜戸神宮、乳岩(清武町)を巡る。
都城市の母智丘神社の巨石の前にて
                         すだぐんじ拝


●フォトダマ通信後記

☆7月某日、延岡で岡山の「あるでばらん」の俊ちゃん、富美さんと再会する。彼らの
友人のスペースに一緒に泊めていただく。俊ちゃん、アドバイスをありがとう!
富美ちゃん、十冊購入していただき感謝します!

☆四国から九州に上陸し、三週間近くなる。前半は雨の中、のんびりと過ごし、後半は
猛暑の中、イワクラサミット、九州父子巡拝と忙しく動いていた。
西都原考古博物館でのイワクラサミットin宮崎では、鈴木旭氏とのトークショーは、よ
い経験ができた。また、多くの出会いと再会で楽しい一時を送ることができた。
想えば、昨年の夏、熊本でのスライドショーに宮崎から駆け付けて下さったNPO法人宮
崎文化本舗の谷口さんとの出会いが、今回のイワクラサミットin宮崎へ参加させていた
だくきっかけだった。改めて、サミットに導いてくれた猫ばす堂の谷口実智代さんにお
礼を申し上げます。そして、本当にお疲れ様でした!

☆九州父子巡拝
群馬から来た父と四泊五日で宮崎、大分、熊本をフォトダマ号で案内する。九州は、ほ
とんど初めてという父は、熊野磨崖仏、別府温泉、阿蘇噴火口、熊本城が印象的だった
と言う。ちょうど三日前に、フォトダマ号のクーラーが故障し、猛暑の車中での約100
0キロもの旅は、父に申し訳なかった。

☆友人のさやまゆりちゃんの紹介で、9月17日(土)に催されるビーグッド・カフェ宮
崎に参加することになりました。「石の語りべ」に挑戦予定。

◎「VOICE OF STONE 聖なる石に出会う旅」(新紀元社)をお求めの方へ。

◇本の内容は、友人の音楽家奥村氏のHPで紹介していただいておりますので、参考に
して下さい。
http://www.members.aol.com/nobfile/voiceof/pages/aindex.html

◇本の購入方法は、直接、須田まで連絡
をいただくか、下記の場所へお問い合わせ下さい。
本の代金は1890円(税込)です。
発送の場合は、別途送料340円(一冊の場合)が発生致します。

◇SPACE・侑(群馬・館林市)…日本石巡礼をスタートしてまもない頃、展覧会を
させて頂いたギャラリーです。電話/FAX 0276-75-3953
SPACE-U HP:  http://www1.ocn.ne.jp/~space_u/ 

◆あるでばらん(岡山・笠岡市)…石好きオーナーの薬効手染め(シルク)のお店です。
電話086-65-0896 FAX086-65-1460 ご予約はFAX希望。
あるでばらんHP: http://www.aldebaran-well.com/

◇あなんど(徳島・日和佐町)…薬王寺の向かいにあるカレー&チャイ屋・アジアン雑
貨のお店です。電話/FAX 0884-77-2266

◆ちろりん村栗林店(香川・高松市)…自然食品のお店です。電話 0878-37-2976

◇ヒーリングストーンAlice&Anne(愛媛・今治市)…今治駅の近くにあるパワーストー
ンのお店です。電話 0898-31-0579








□
─────────────────────────────

« 前号次号 »