□■■□ フォトダマ通信 Vol.27「お遍路 大栗神社〜太龍寺」の巻 □■□■   

■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■

この一週間、大粟神社から太龍寺までの区切り遍路を終えた。
この短い期間だけでも、目の前の世界が少しだけ変わったように見えてくるのも
不思議だ。何がどう変わったかを言葉で表すことはむずかしいが…。

日本石巡礼の中で、四国に入ったらお遍路を体験したいと思っていた。昨年、お
遍路を体験した何人かの友人から、色々なお話を聴きながら歩くことによって見
えてる世界に魅力を感じていた。そして、ようやくお遍路体験を少しだけ味わう
ことができた。そこには、普段フォトダマ号という車で移動しながら撮影する世
界とは、違う何かを感じることができた。

お遍路(お四国)とは、弘法大師空海ゆかりの寺院、特に八十八ヶ所を通過関門
として巡拝しながら「道中修行」することだという。同行二人とは、目に見えな
いがお大師さん(弘法大師)と一緒に歩いているととらえている。
今の季節を選んだのは、比較的人の少ない時期に、じっくり一人で感じながら巡
りたいと思ったからだ。幸いにも、徳島の冬は群馬で生まれ育った私にとって、
それ程寒くはなく、歩いているとちょうどよいくらいの感じがした。また、今の
季節は、梅の花が咲き始めていて、各地で紅梅を楽しむことができた。

今回、新たに新調したのは、ゴアテックス製のテント、フォーシーズン用の寝袋
とトレッキングシューズにお遍路袋くらいだった。リュックにガスコンロと米を
積み、自炊しながらの遍路をした。お賽銭はわずかで、納経はせず、般若心経と
ムビラの奉納といった自己流の旅を続けた。

この一年以上フォトダマ号での車上生活で、かなり運動不足であった。歩き始め
て二日目、足はかなり痛み、我ながら体力不足を情けく思った。三日目くらいか
ら、ようやくペースをつかみ歩くことに慣れてきた。
車道添いの遍路道はトラックの排気ガスに閉口するが、昔ながらの山間の遍路道
は、実に快適で心も身体も清々しく豊かになってくる。また、道すがら、地元の
方から「ご苦労さん」のことばに、ずいぶん元気をいただく。

六日間、天候に恵まれていたが、七日目の鶴林寺への登山口辺りから雨の洗礼を
受ける。雨の道の中では、いろんな雑念が訪れては、去ってゆく。こころは、絶
えず変化してゆく。
しかし、おのれの芯の部分は、こころの感情の変化に左右されないと思った。

区切り遍路最終日、二十一番札所太龍寺を下山し、バスで徳島経由、神山に向か
う。神山のバス停から程なく歩くと、偶然宮城さんと再会し家まで車に乗せてい
ただく。洗濯をさせていただき、一週間ぶりにお風呂に入り超極楽。メールを頂
いていたKANIさんと初めてお会いし、宮城ファミリーの暖かいお持て成しをいた
だく。

久しぶりの暖かい布団で身体もすっかり休息し、翌朝、宮城さん達に見送られな
がらフォトダマ号は、鳴門へ向かう。

フォトダマ号は快適な走りだ。
少しだけ、スピードを落としゆっくり走ることにしよう!         
    
                  2005.2.17 鳴門にて すだぐんじ拝

★お遍路日記

・ 2/11 お堰さんに村上さんが二人のお子さんを連れて迎えにきて第五番札所地蔵
  寺まで送って頂く。大日寺、大山寺、安楽寺へ。大山寺は別格霊場一番で遍路
  道は藪と倒れ木で歩きにくい。かなり危険な箇所もある。最後の石段二百以上。
  かなりばてる。途中、読売からメール、連載「石の声を聞け」は三月いっぱい
  までとの宣告を受ける。極楽寺でファクシミリを借り、読売の次号のゲラチェ
  ックをする。極楽寺の駐車場で三日月を観ながら、ご飯炊いて野宿。

・ 2/12 朝御来光七時を見て歩く。安楽寺を出て十楽寺、熊谷寺(結構階段きつい)、
  法輪寺、小豆洗大師、かなり歩いて藤井寺を参拝。
  端山休憩所近くの茶畑に野宿。歩き遍路者を三人みる。法輪寺前でたらいうどん
  食べる。元民主党党首菅直人氏がうどんを食べている写真が飾ってある。うどん
  は美味かったが、青汁のコマーシャルがテレビから流れうるさい。

・ 2/13 朝七時出発。気持ちの良い山道も途中からしんどくなる。お昼、焼山寺に
  大勢の登山者。奥の院にゆく。岩、竜王窟は行けず。帰りもかなりきつい。鏡石
  大師の石を見て、長瀬の橋の下に野宿。

・ 2/14 朝七時出発。車道から遍路道へ、やや登りだが景色よく気持ち良い。建治
  寺は役の行者の開山で岩場に入り込んだ作り。下りの道は標識なく道崩れあり。
  大日寺、常楽寺、国分寺、観音寺、井戸寺、地蔵院をめぐり、法花近くで野宿。
  国分寺で変なおっちゃんがいた。地蔵越えの道から、粗大ゴミがかなりたくさん
  あって驚く。ある石碑の裏に野宿。

・ 2/15朝六時半出発。九時に弘法大師御杖の水跡を経由して恩山寺に着く。養鶏場
  の匂いが氣になる。その後、今回初めての雨が降り山道をかなり歩いて鶴林寺へ、
  山頂に着いてすぐ下山。下った八幡神社境内に野宿。一晩中雨。

・ 2/16 昨日で区切り遍路の予定が、バスも通らない場所のため太龍寺まで歩く。登
  山道登り口に車三台捨てられていた。坂道はコンクリートが多い。お寺の立派な作
  りに驚く。下山道は杉の葉の絨毯クッションあり。中山薬師堂前からバスで徳島へ。
  徳島からバスで神山へ。



─────────────────────────────

« 前号次号 »