□■□■ フォトダマ通信 Vol.23「石巡礼二年目にあたり」の巻 □■■□

■┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏┏■┏┏┏┏┏┏┏■


ここのところ、しばらくフォトダマ通信を発行できない状況がつづいていまし
た。何人かの友人から、心配のメールも頂いていて、メルマガを待って下さっ
た方々にお詫びを申し上げます。

この一ヵ月間は、新生フォトダマ号の車検準備、北群馬の石の撮影、スライド
トークなどを行なっておりました。
また、今後の展開を模索しつつ、精神的に充電が必要な時間でした。
ちょうど稲作の収穫の時期でもあり、脱穀と籾磨りの手伝いもでき、一年分の
新米をいただくこともできました。その間、埼玉の蓮田と大宮、群馬の沼田、
東京の田無でスライドトークを行ないました。

たくさんの方々の協力をいただき、お陰さまで日本石巡礼も新生フォトダマ号
で、二年目の再スタートをきることとなりました。これからも石・岩の撮影、
伝承伝説などの収集、地域の方々との交流の場作りに、気合いを入れて取り組
みたいと思います。
この一年の旅は、石を扉として地域に根ざす多くの魅力ある方々と出会えたこ
とが、印象に残ります。そして、益々日本の地域性や風土、方言などに興味を
持ちつつ「人と石」の関係を模索できたらと思います。

読売ウィークリーに「石の声を聴け」の連載が始まり二ヵ月が経ちます。毎週、
ゲラ校正チェックでFax受信ができるコンビニ探しに四苦八苦しながら、楽しん
でおります。

新生フォトダマ号(三菱デリカ)は、軽バンと比べて随分パワーアップしまし
た。しかし、実家の協力無くしては、車一台も所有できない現実もあります。
今後の拠点探しも含め、一刻も早く自立しなくてはと思っています。

  
 2004.11.27 道の駅「ふじおやま」にて 満月を仰ぎつつ…  須田郡司拝


●フォトダマ通信後記

☆ 実家の兄夫妻と父には、大変お世話になりました。
☆ 11/6慶福寺(蓮田)の境内芸術祭では、慶福寺住職関口様をはじめ、副住職
   ロータスに大変お世話になり感謝申し上げます。
☆ 11/7大宮のカフェ・ランプの原澤様に大変お世話になり感謝申し上げます。
   慶福寺から連続して、ライブセッションをさせてもらったムビラジャカナカ
   の皆さん、素敵な演奏をありがとう!
☆ 11/10青団協主催で沼田市中央公民館でスライドレクチャーをさせていただく。
   今回、幼なじみの野村武君からのご縁だった。野村をはじめ桑原様、大竹様、
   鈴木様に大変お世話になりました。会場には恩師や同級生、知人、友人達が
   駆け付けてくれ感謝致します。
★ 11/13.14東京から曽我部夫妻と桃太郎が紅葉の沼田に来てくれる。KOWちゃん、
   キャラバンのステッカーを作ってくれてありがとう!
★ 11/15スペースU(館林)の「愛」展に伺い、しばし寛がせていただく。
★ 11/19市川のリッツ久保田と熱く飲み語る。エスプレッソ機をいただき感謝!
☆ 11/23西東京市のコール田無でスライドトークをさせていただく。企画をして
   下さった山岡さおり様には大変お世話になりました。また、出口衆太郎様には、  
   当日、お言葉をいただきまして感謝申し上げます。会場設営において山岡夫妻
   のご尽力にお礼申し上げます。

◎ 『四国石遍路』〜石情報がありましたら、どうぞお寄せ下さい!来年一月から、
   日本石巡礼の流れの中で、徒歩で四国の石遍路を行ないます。期間は約三ヵ月
   間。八十八ヶ所や番外札所を歩きながら、石巡礼を行ないます。
   四国各地の石・岩・洞窟などの情報がありましたら、どうぞ須田までお知らせ
   下さい。宜しくお願いします。

◆ 新生フォトダマ号の写真を添付しました。
   http://ch.kitaguni.tv/u/1871/


□
─────────────────────────────

« 前号次号 »